Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 海鼠釉徳利

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道の会寧または明川で焼かれた長頸壺。中期分院の白磁に類する徳利型の器形を成し、失透釉が腰部まで掛かる。同地の土は可塑性に乏しく、こうした長い頸部が再現されたものは類例が少ない。澱青釉を思わせる鮮やかなブルーに、側面の引っ付き痕が野趣を添える。

先端にホツと金直しが見られるが状態は概ね良好。内部に匂いはなく、水漏れもない。保存箱付き。

W17cm×H24cm