Loading...

蛇韻律

遠州高取 灰釉片口茶碗

SOLD OUT

江戸時代前期〜中期に焼かれた高取焼の片口。径の大きい高台から逆ハの字状に立ち上がり、精悍な狙撃手の如き鋭い注口を有する。濃淡のある灰釉が腰部まで掛かり、見込みには小さな鏡落ちと四つの目跡を残す。繊細で肌理細やかな陶土、質朴にして瀟洒な作調から、遠州流の綺麗寂びを志向した白旗山窯の作と考える。

口縁のひっつき痕、見込みの釉切れも景色の一部となっている。高台に小ホツが見られる以外に目立った瑕疵はなく、状態は極めて良好。仕覆、保存箱付き。

W13cm×D14cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment