Loading...

蛇韻律

古高取 宅間窯 海鼠釉平盃 17世紀

SOLD OUT

高取焼内ヶ磯窯の前身とされる宅間窯(1606-1619)で焼かれた平盃。角度のあるリム型の器形を成し、同窯特有のマットな黒釉と藁灰釉が落ち着いた窯変美を見せる。北鮮陶工が開窯に携わった永満寺宅間窯は、主に生活雑器を産しながら、茶陶高取の礎を築いた。低く、切りっぱなしの高台がこの窯の特徴をよく表しており、後の高取焼にも見られる右巴が底にあしらわれている。

九州古窯の趣が存分に味わえる平盃。焼成時に生じた窯傷と高台の削げが見られるが、状態は概ね良好。漆塗の古箱に入る。

W13cm×H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。