Loading...

蛇韻律

犬山焼 安南写染付盤口瓶

SOLD OUT

江戸時代後期に丸山窯で焼かれた盤口瓶。犬山城下で染付の生産が始まった天保前期の作だろう。寸胴の躯体に草花、馬の目(渦巻)、蓮弁を描き、高台内には鉄釉を施す。一目見て安南写しと分かる作例ではあるものの、実際の安南焼とはかけ離れた絵付けの描写が興趣を誘う。

口縁に小ホツが三箇所見られるが、目立った瑕疵は無い。やや酒臭あり。保存箱付き。

W8cm×H15.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment