Loading...

蛇韻律

唐代 邢窯 白磁碗

SOLD OUT

唐時代後期に河北省臨城県の邢窯で焼かれた白磁碗。蛇の目高台と唇口(玉縁)を持つ、当時の輸出陶磁としては最もポピュラーだった無文の碗。日本や東南アジア、中東などユーラシア各地の遺跡から同手が出土している。邢窯の白磁は化粧土を施している場合もあるが、本作は胎土に直接釉を掛けたタイプ。その白さは近代の白磁と比較しても遜色が無く、叩くとガラスのように澄んだ音が鳴る。

窯傷や陶工の手跡、カセが見られるが目立った瑕疵は無い。「宋時代定窯 巻口平盌」と書き付けられた箱に収まる。

W13cm×H3.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment