Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 金海 堅手茶碗 銘 福慶

SOLD OUT

李氏朝鮮時代前期に金海周辺で焼かれた堅手茶碗。陶質の胎土を用いた薄造りの躯体を成し、貫入の走る柔らかな透明釉が全体を覆う。外面には線の細い轆轤目や釉切れが生じ、景色となっている。長年茶席で使用されていたもので、「福慶」の銘が付く。光沢のある深い伝世味が好ましい。

口縁に古い時代のニュウが1本と、高台畳付きに漆直しがあるが、それ以外に目立った瑕疵はない。書付のある箱に収まる。

W14.5cm×H6cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.