Loading...

蛇韻律

黒薩摩 苗代川 黒釉双耳仏花器

SOLD OUT

江戸時代前期に焼かれた薩摩焼の仏花器。糸切りの平底を成し、頚部に双耳を配する。貝目の重ね焼跡や全体の作行きから、朝鮮陶技が在地化していく苗代川系堂平窯で産したものと考える。茶の湯が意識された起伏ある姿形、光沢を帯びた深い黒釉が花映りに優れる。古手の黒薩摩としては希少な作例。

片方の耳にホツが見られる以外に目立った瑕疵はない。

W8cm×H13cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.