Loading...

蛇韻律

古美濃 灰釉折縁皿

SOLD OUT

美濃で焼かれた灰釉小皿。口縁に鍔を設け、端部を上方に引き上げた「折縁」を成す。見込みに大きな釉切れを残し、外面も広く露胎とする。室町末期の古瀬戸系施釉陶器に類するものと考えるが、土味や高台処理から平安〜鎌倉初期に稼働した美濃須衛の可能性も否定できない。中世の趣に溢れながらも、日常に取り入れやすい魅力ある小皿。焼成時の歪みによって深さが生まれており、盃にも使用可能。

発掘品と思われるがカセは少なく、艶のある釉膚を保っている。口縁に削げ、高台にホツと削げがある以外に目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W12cm×H3cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.