Loading...

蛇韻律

明朝 古染付 山水図松皮菱向付

SOLD OUT

明代末期に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付の向付。織部の器形に倣ったであろう松皮菱形を成し、余白を活かした山水図を見込みに描く。古染付には中国国内向けの日常器も相当数含まれるが、本作は日本向けの輸出品であることが如実に表れた作例。濃い発色のコバルトが白い器面によく映えており、随所に生じた虫食いも見どころとなっている。

口縁に一箇所ホツがある以外に目立った瑕疵は無い。保存箱付き。

W8.5cm×D6cm×H3.3cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment