Loading...

蛇韻律

明朝 磁州窯系 白釉小口瓶

SOLD OUT

明朝初期に山西省の磁州窯系の窯で焼かれた瓶。磁質の胎土を用いた寸胴の器体に白化粧を施し、透明釉を掛ける。

介休窯を始め、定窯に並ぶ水準の窯場を擁した山西省では、元末明初の戦乱で良質の白磁が衰退した一方、窯の数自体は増加し、こうした日常器の生産はむしろ盛行した。機能美溢れる造形に加え、釉層の厚みもこの時代の特徴で、本作も発掘品ながら象牙色の美しい膚を保っている。

口縁に二箇所と高台に一箇所、金直しがある。保存箱付き。

W7.5cm×H18.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.