Loading...

蛇韻律

高麗 青磁盞

SOLD OUT

高麗時代に康津または扶安で焼かれた無文の青磁盞。青磁釉を総掛けし、口縁にべべらを呈す。仏教と共に伝来した喫茶の風習は高麗時代に最盛期を迎え、茶碗を始めとする多くの茶道具が作られた。この種の小碗は宋磁に倣った托盞が独自に変化を遂げたもので、托を敷いて喫茶や祭祀に使用された。

口縁に短いニュウ、高台に窯傷と土の固着が見られるが、それ以外に目立った瑕疵はない。

W8.5cm×H5.8cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.