Loading...

蛇韻律

絵唐津 椎ノ峰窯 笹文筒向付

SOLD OUT

江戸時代初期に焼かれた絵唐津の筒向付。型打ち成形による菱形に碁笥底の底部を成し、大きな笹文を鉄絵で、二輪の花文を呉須でそれぞれ描く。畳付以外に総掛けした長石釉は鈍色を呈し、随所に淡い桃色の斑点を生じる。古唐津には珍しい呉須を用いた作例だが、そうした意匠は寛永年間の献上手も含む椎ノ峰窯の作に確認できる。

元は複数組だったものと思われ、膚には伝世特有の艶が出ている。腰と高台脇に釉薬の剥離が見られる以外に目立った瑕疵は無い。保存箱付き。

W11cm×D8.5cm×H6.8cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.