Loading...

蛇韻律

武雄唐津 弓野窯 鉄絵緑彩松樹文壺

SOLD OUT

江戸時代に弓野窯で焼かれた二彩唐津の壺。鉄釉と銅緑釉で描く松絵は同窯を代表する文様で、17世紀前半から幕末期まで描かれた。本作は作風が最も洗練されていた江戸中期の作で、刷毛ではなくズブ掛けによる白泥が松絵を際立たせ、より鮮明なものにしている。「弓野の甕」の名で知られる通り、この種の松絵は大ぶりなものに描かれることが多く、本作のような小ぶりなサイズは稀少。窯傷に沿って生じた釉縮れも見所となっている。

口縁付近に小さな釉の剥離が見られるが、窯傷と思われる。その他目立った瑕疵はなく状態良好。保存箱付き。

W11cm×H14.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment