Loading...

蛇韻律

タイ サンカンペーン窯 灰釉縞紋鉢 13〜14世紀

SOLD OUT

薄造りの器体に朧げな放射状の縞紋が施された灰釉鉢。タイ北部チェンマイの東に位置する、サンカンペーン窯で焼かれたものである。

サンカンペーン窯の作品は、ラーンナー王朝の需要に応えたものとされている。ラーンナーが現在のラオス、ルアンプラバン辺りに勃興し、チェンマイまでの一帯に領土を広げていたことを踏まえると、サンカンペーンはラオ族の作陶技術を受け継いでいると考えられる。それが、タイ中部のスコータイ窯やサワンカローク窯と趣を異にする所以ではないだろうか。

但し、初期のサワンカロークで焼かれていたモン族の作品とは極めて近い特徴を持っている。これはサンカンペーンにもクメール陶磁の技術が伝わっていたことを示しており、両者はそれぞれ別々の系譜にありながら、いずれもモン族が持ち込んだクメール陶磁の影響下にあるという点で共通していると言える。

ニュウが三本と釉薬の剥離が見られるが、総じて状態は良好。

W19.5cm × H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。