Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 伊羅保茶碗 銘 切氷柱 17世紀

SOLD OUT

李朝中期に焼かれた伊羅保茶碗。赤みを帯びた伊羅保釉が全体に掛かり、高台内は釘彫となっている。腰辺りでくびれ、撥高台を有する器形は柿の蔕茶碗にも近い。

伊羅保茶碗は日本の茶人からの注文で作られているため、細部まで茶趣にかなった作行きとなっている。梁山の他、釜山近郊の窯址からも陶片が採集されていることから、対馬藩を介して発注された御本手の一種と言えるだろう。

口縁のべべらや器壁に滴る灰釉に、日本人が関与する以前の、高麗茶碗の原初の姿を見る。茶人は切形を作成する際、一体何を手本としたのだろうか。

他の高麗茶碗と異なり、伊羅保は少しの傷も許されぬ習わしとなっていたためか、保存状態は極めて良好。黒柿の極め箱に収められ、「切氷柱」という銘が付けられている。

W14cm×H7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。