Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 伊羅保茶碗 銘 切氷柱

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中〜後期に焼かれた伊羅保茶碗。腰部の括れた大振りな器形を成し、釘彫のある立派な撥高台を有する。梁山の他、釜山近郊の窯址からも陶片が採集されていることから、伊羅保茶碗もまた御本手の一種と言えるが、その始原は高麗時代から焼かれていた灰釉掛けの雑器である。口縁のべべらや器壁に滴る釉薬に、高麗茶碗の淵源を見る。

伊羅保茶碗は少しの傷も許されぬ習わしとなっており、本作の保存状態も極めて良好。黒柿の極め箱に収められ、「切氷柱」という銘が付けられている。

W14cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.