Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 御本茶碗 17世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期、対馬藩が釜山で経営した倭館窯より産した御本茶碗。褐色の半磁胎に薄く掛けられた失透釉が黄色味の強い発色を呈し、腰から口縁にかけてくっきりとした轆轤目が立つ。玄悦御本に類する、箆使いが強調された作行きである一方、角が削ぎ落とされた高台は初期の注文品である御所丸茶碗を彷彿とさせる。陶工頭の指導が行き渡った、侘びの美意識に適った茶碗である。

長く使い込まれた伝世品。口縁に小さな金直しが二箇所とニュウが一本見られるが、状態は概ね良好。「高麗〇〇〇茶碗」と箱書きのある、紐の欠失した古箱に入る(〇は解読不能)。

W14cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。