Loading...

蛇韻律

古小代 海鼠釉徳利 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中期に肥後で焼かれた徳利。鉄気の多い陶土と手捻りによる豪放な成型が小代山麓の古窯の特徴を示す。胴部の隆起に青海鼠釉が垂れ込める様はさながら山水のようで、その幽玄な趣きが野花を一層引き立ててくれるだろう。

球状の胴部から鶴首が真っ直ぐに伸びる器形は、同地のみならず九州全域においても類例が少ない。胴部や高台の窯傷を除き、特筆すべき瑕疵はない。

W16cm×H27cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。