Loading...

蛇韻律

金朝 磁州窯 鉄絵小碗 12〜13世紀

SOLD OUT

金〜元朝期に磁州窯系の窯で焼かれた白地黒花の小碗。灰味の強い胎土に白化粧を施し、中央に漢字、その周囲に草花文を描く。西方の影響を感じさせるリズミカルな筆致が、後の唐草文の萌芽を感じさせる。

釉切れなどの窯傷、ホツ、土中の汚れが見られるが状態は概ね良好。透明釉の光沢がしっかりと残り、酒盃として育て甲斐のありそうな小碗である。

W10cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。