Loading...

蛇韻律

瀬戸焼 馬の目 中皿 19世紀

SOLD OUT

瀬戸で焼かれた陶器製の皿。石皿の後継品として19世紀中頃に出現した生活雑器で、明治以降「馬の目皿」と呼び習わされるようになった。

渦巻の図像は古来から存在するが、中でも巴紋のように水と関連付けられたものが多い。馬の目皿の文様も同様に、火難の厄除けであったり、有り余る生命の豊かさを象徴したものと考えられる。

馬の目皿は大皿が一般的であるが、こちらは珍しい中皿サイズ。口縁部に小さな欠けが幾つか見られるものの、状態は概ね良好。使い込まれた質感が味わい深い。

W20cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。