Loading...

蛇韻律

清朝 山西磁州窯 青花鉢 18〜19世紀

¥18,000(税込)

清朝期に磁州窯系の窯で焼かれた鉢。介休窯か、或いは他の山西省諸窯の産だろう。かつて定窯に並ぶ上質な白磁を産した同地であったが、元朝期の戦乱で多くの陶工が南方に逃れ、既にその技術は失われていた。化粧掛けにコバルトを施すことで青花を再現した本作は、それまでの白地黒花を彷彿とさせる牡丹文が描かれ、景徳鎮の青花とは異なる古雅な趣を残している。

口縁に僅かな釉薬の剥離が見られる以外、目立った瑕疵はない。

W18cm×H8cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。