Loading...

蛇韻律

安南焼 鉄絵菊花文平盃 13〜14世紀

¥32,000(税込)

ベトナム陳朝期に焼かれた鉄絵の小皿。青花の焼成が本格化する以前の作で、古手の特徴である胎土目跡が見込みに残されている。輪線の中央に一輪の菊花を配する構図は磁州窯に倣ったものと思われるが、僅かに深さを持つ平らな器形は寧ろ高麗青磁や粉青沙器に近い。釉下彩の黎明期ゆえに、白濁した透明釉が絵付けを朧気にしているが、それが却って雅味を生んでいる。

全体に窯傷、見込みにスレや小傷が見受けられるものの目立った瑕疵はない。鉄絵は青花に比して生産数が少なく、また主に東南アジアに輸出されていたことから日本には請来されていない。

W11.5cm×H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。