Loading...

蛇韻律

清朝 雲南華寧窯 白濁釉茶碗 18世紀

SOLD OUT

清朝期に雲南省で焼かれた茶碗。飯碗として使用されていたものだろう。元朝期には既に青花が焼かれていた同地だが、景徳鎮の磁器が大量に流入した明朝期以降、多くの窯が青花の生産を断念した。こちらは鈞窯瓷に活路を見出した華寧窯が産したもので、斑唐津を思わせる白濁釉が厚く施されている。

窯傷と思われる高台の削げを除き、目立った瑕疵はない。

W14cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。