Loading...

蛇韻律

朝鮮唐津 小徳利 銘 天山 16世紀

SOLD OUT

安土桃山時代に藤の川内窯で焼かれた朝鮮唐津の小徳利。平底の高台に角の立つ肩部とラッパ状の頸部を成し、口縁から肩部にかけて海鼠釉が流れる。近年の発掘ではなく幕末〜明治頃の掘り出しと思われ、伝世特有の艶のある釉膚と古色を帯びた深い土味を持つ。

傷や直しが付き物であるこの手の小徳利の中でも、こちらは完品に近く極めて状態良好。菅蓋を伴い、振出に見立てられているが、頃合いの大きさは酒器にも最適。時代の箱に入り、「天山」の銘が付く。

W7cm×H9cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。