Loading...

蛇韻律

古唐津 皮鯨 ぐい呑 16〜17世紀

SOLD OUT

桃山〜江戸初期に焼かれた古唐津、皮鯨の盃。砂気の多い灰褐色の陶土で粗放に成形され、口縁はやや外反しべべらを呈す。流れ気味の鉄釉に、焼成時に付着した草木灰が青白く窯変した箇所があり、見どころとなっている。

口縁に極めて薄い削げと、漆による丁寧な直しがある。唐津一帯で広く焼かれた皮鯨だが、ここまで原状を留め、尚且つ酒器に見立てられるものは希少。「古唐津 皮鯨ぐい呑 桃山期」と書き付けられた桐箱に入る。

W8cm×D7cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。