Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 塩笥壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡または明川郡で焼かれた塩笥壺。南鮮のものと違い高台が絞られておらず、平底で腰の座った姿が印象的。元々は黒い焼き上がりを狙ったと思われるが、全体の三分の二が緑褐色を呈し、図らずも片身替りとなっている。

会寧地方では器を直火に掛ける習慣があり、こちらも底部が僅かに炭化している。その他に目立った瑕疵は無い。

W14cm×H10cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.