Loading...

蛇韻律

北宋 磁州窯 白釉瓜稜壺

SOLD OUT

磁州窯系の正統である河北省磁県観台鎮で焼かれた白釉壺。胎土が良質で、造形も精美であった北宋期の産。たおやかな瓜形は唐代より流行したもので、同じ河北省の定窯やその影響下にある景徳鎮にも同じ胴部を持つ壺や水注が見られる。本作は元々蓋物だったと思われるが、花活けに最適な寸法。広く開いた口、やわらかな白が花を呼ぶ。

発掘品だが釉は殆どカセておらず、非常に艶やか。露胎に窯傷と、口辺が僅かに摩耗している点を除いて状態は極めて良好。水漏れもない。

W12.5cm×H7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment