Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 北鮮 褐釉小壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代に朝鮮北部で焼かれた褐釉小壺。肩の張り出した器形に短い頸部を成し、碁笥底の高台に砂利が付着する。主に南部の全羅南道で焼かれていた黒高麗と呼ばれる一群は、二度掛け、或いは一度であっても非常に厚く施釉されている。それに対して本作は、薄く施釉された鉄釉が蕎麦釉に近い釉調を示しており、その枯淡な趣は始めから茶器として焼かれたかのようである。

目立った瑕疵はなく、状態は極めて良好。発掘伝世品と思われ、「古唐津小壺」と張り紙のある蒲鉾型の箱に収められている。

W9cm×H6cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment