Loading...

蛇韻律

御深井焼 鉄絵柳文猪口

SOLD OUT

江戸時代後期に美濃で焼かれた猪口。逆台形の躯体に青磁風の灰釉を厚掛けし、鉄絵で枝垂れ柳を描く。名古屋城の異名である柳城になぞらえ、瀬戸・美濃地方の焼き物には柳が好んで描かれたが、蕎麦猪口タイプのものは現存数が少ない。伝世味のある枯れた味わいの釉膚に、線の細い柳がよく映えている。

この手を瀬戸焼と見る向きもあるが、釉調から美濃の御深井と考えたい。口縁に極小さな釉の剥離が見られる以外に目立った瑕疵はない。

W7.3cm×H5.8cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment