Loading...

蛇韻律

李朝(大越国) 青磁陽刻皿

SOLD OUT

大越国の李朝期(1009-1226)に焼かれた青磁皿。型打ちによる陽刻は宋磁に倣ったもので、黄白釉褐彩と共に当時のベトナムで盛んに用いられた。耀州窯系青磁に通じる無釉の高台や見込みの目跡に、依然として文明の中心地であった中国北方の影響を色濃く残す。貫入に覆われた透明度の高いオリーブグリーン色の釉薬が美しい。

口縁部の釉薬が剥離している。また見込みや高台脇にも剥離している箇所が見られる。その他に目立った瑕疵はない。

W15cm×H4cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment