Loading...

蛇韻律

高麗 青磁白黒象嵌面取小鉢

SOLD OUT

高麗時代に全羅南道康津郡で焼かれた青磁の小鉢。八つに面取りした厚手の器体に白黒象嵌による菊花文を施し、灰青色の釉薬を総掛けする。同種の小鉢で干支の銘を見込みに象嵌したものがあるが、これは当時高麗に干渉していた元の影響によるものと考えられ、本作の制作年代は1300年代前半と推定される。

口縁から伸びるニュウが一本ある。また外面に釉の剥離とカセが見られ、内面に一箇所削げが見られる。保存箱付き。

W12cm×H7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment