Loading...

蛇韻律

大堀相馬焼 緑釉流文蕎麦猪口

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた大堀相馬焼の蕎麦猪口。器壁の内外に轆轤目の凹凸を残す素朴な作りで、碁笥底の高台内には鉋跡が確認できる。長沙窯などの中国古窯を彷彿とさせる緑釉流しは、当時日本各地で用いられた意匠の一つ。下地の白灰釉と調和し、風光明媚な稜線を描くようである。

口縁内側に短いニュウが一本見られるが、裏には通っていない。底部に窯傷があるが漏れはない。

W7.5cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.