Loading...

蛇韻律

統一新羅 陶質土器盃

SOLD OUT

統一新羅時代に焼かれた陶質土器の杯。端反りする口縁の付け根に二本の線条を廻らせた質朴な姿形を成す。

三国時代の陶質土器は高句麗、百済、新羅、伽耶がそれぞれ地域性をもった様式を展開したが、統一後は新羅の土器様式が各地に拡散した。本作は慶州地域に顕著であったカップ形を祖型とするもので、複数組みで副葬されたものと思われる。

目立った瑕疵はなく状態良好。土の付着が見られるため、酒器として使用する際は洗浄が必要。保存箱付き。

W6.7cm×H4.7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.