Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 窯変釉花瓶

¥55,000(税込)

李氏朝鮮時代末期に焼かれた花瓶。随所に青みを帯びた鉄釉が茄子色のような発色を呈す。こうした独特の釉薬は清の最盛期である康熙帝・雍正帝・乾隆帝の頃に発達した窯変釉を模したものと思われ、同種の釉薬が施された天目形の茶碗も見つかっている。胴部に描かれた朧気な草花文がミステリアスな魅力を湛えている。

口縁の欠けに丸粉仕上げの金直しを施した。口縁、頸部にスレが見られる以外に目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W13cm×H20cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.