Loading...

蛇韻律

初期伊万里 染付網目文茶碗

SOLD OUT

1640年代頃に焼かれた初期伊万里の茶碗。山辺田窯の産と思われる。やや深めの器体に網目文を描き、高台内は無釉とする。当時の網目文は中〜後期のくらわんか手と異なり、二重線ではなく一本線で、上向きに描かれているものが多い。そのリズミカルな筆致も然ることながら、外面の引っ付きや釉切れも見どころとなっている。

口縁に一箇所古い金直しがあり、その周辺からニュウが数本伸びている。この手は多くが発掘のため損傷の目立つものが多いが、本作はカセもほとんど見られず、しっかりと原型を留めており実用に適す。

W10cm×D9cm×H7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.