Loading...

蛇韻律

古美濃 鉄絵染付摺絵皿

SOLD OUT

江戸時代前期に焼かれた美濃焼の中皿。山呉須と酸化鉄を併用した輪線を輪禿の外に描き、中央に摺絵で、口縁側に手描きで菊花を表す。摺絵を用いた意匠と、青味掛かった柔らかな釉調から、初期御深井と同じ美濃清安寺窯より産したものと考えられる。志野織部と絵瀬戸の双方に照応し、江戸初期の美濃陶と江戸後期の瀬戸本業窯を結び付ける極めて重要な作例。

口縁にニュウが二本(内一本はトリアシ状)、裏に通らない短いニュウが一本、ホツの漆直しが複数あるが状態は概ね良好。

W22cm×H4cm