Loading...

蛇韻律

古丹波 赤土部黒釉流掛水指

SOLD OUT

江戸時代初期に丹波で焼かれた立口水指。朝鮮系の土器に類する器形を成し、起伏を設けた開き気味の頸部を持つ。素地に赤土部を施し、柄杓掛けした黒釉と降灰による自然釉が景色を作る。技巧と自然美が一体となった、登窯導入期の丹波焼の中でも出色の出来。経年により生じた虹彩(ハレーション)も見どころとなっている。

窯傷が幾つかと口縁にホツが一箇所見られるが目立った瑕疵はない。水指としてはもちろん、観賞用や花活けにも最適。塗り蓋が付属し、「古丹波立口飛釉水指」と貼紙のある古箱に収まる。

W14cm×H16cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment