Loading...

蛇韻律

古唐津 無地唐津 茶碗

SOLD OUT

1600年前後に松浦系の窯で焼かれた古唐津の茶碗。畳付きにまで及ぶ灰釉が見事な枇杷色を呈し、腰から下に梅花皮状の粗い縮れを生じる。箆で高台の一部を切り落とした「切高台」は、同時期の高麗茶碗(注文品)にも見られる意匠であるが、その成因については定かではない。燠火のようなフリモノが見込みを仄赤く照らし、景色を作っている。

焼成が安定しなかったことによる釉色のくすみが部分的に見られる。ニュウが一本とホツが三箇所、丁寧に金直しされている。仕覆と保存箱付き。

W11.3cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.