Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 鉄釉壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡または明川郡で焼かれた壺。張り出した胴部と短い頸部を持ち、高台には渦巻兜巾を残す。鉄釉の一種と思しきオリーブグリーンの釉薬が高台脇まで掛かるが、焼き上がりが均一でないため部分的に失透し褐色を帯びている。櫛のようなもので施された肩部の輪線は、実用性が重視される同地の焼き物としては珍しい装飾である。

窯傷や釉薬の縮れ、一部カセ、高台内に土の付着が見られるが状態は概ね良好。

W17cm×H14.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment