Loading...

蛇韻律

後黎朝 無地安南茶碗

SOLD OUT

大越国(現ベトナム北部)の後黎朝期に焼かれた茶碗。高さのある高台から膨らみを持って立ち上がり、口縁はやや端反りする。見込みには白化粧を施し、輪線と小さな壽(thọ)の字を染付で表す。全体、或いは外側が無文のこの手の青花は無地安南と称され、絞手や紅安南と共に珍重された。同地の碗に散見される釉剥ぎ跡は本作には無く、柔らかなペールトーンが全体を包み込む。

ナムディン省にて同手が出土している。口縁にカセと二箇所ホツが見られるが目立った瑕疵は無く、器面も艷やか。見込みに極短いニュウがあるが裏には通っていない。保存箱付き。

W12.5cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.