Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 海鼠釉丸壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡で焼かれた壺。広州の満月壺に類似する器形を成し、高台は粗い砂目の碁笥底とする。同地の焼き物は、器を直火に掛ける習慣から露胎が広く取られる傾向にあるが、この種の碁笥底を持つものは底部脇まで丁寧に施釉されている事が多い。深い光沢の海鼠釉は宜興窯の陶工・葛明祥やその弟が作る鈞瓷にも通じ、表面に現れた虹彩も相まって神秘的な表情を湛えている。

窯傷や小傷を除いて目立った瑕疵はない。

W23cm×H20cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment