Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 藁灰釉長頸壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡または明川郡で焼かれた長頸壺。宋磁のような砧形の器体に藁灰釉が掛かる、極めて珍しい作例。こうした器形が生まれた背景には、斥仏揚儒の衰えや、清朝への接近といった世相の変化があったものと考えられる。胎土目積みの総釉となっている点も同地としては珍しく、実際に仏花器としての使用が想定されていたのかもしれない。

口縁に小さな金直しと、高台周辺に共色直しが見られる。水漏れはなく、状態は概ね良好。

W12.5cm×H20cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.