Loading...

古唐津 絵唐津 一位ノ樹山窯 鯰文茶碗

お気軽にお問い合わせください

1600〜10年代に焼かれた古唐津の茶碗。小石混じりの胎土を大胆に成形した厚く深さのある器体に、立ち上がりの低い幅広の高台を有す。箱には藤の川内窯とあるが、武雄内田山の一位ノ樹山窯の産と考える。絵唐津のモチーフとしては珍しい鯰のような魚と笊が外面に描かれており、灰緑の落ち着いた釉色も相まって侘びた湖沼の様相。景色に事欠かない絵唐津茶碗の優品。

江戸末期の堀の手。口縁からニュウが二本伸びているが、いずれも金直しされている。「鯰手 藤の川内窯 絵唐津茶盌」と書かれた古箱に収まる。

W10.8cm×H7cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.