Loading...

蛇韻律

古薩摩 竪野系 黒釉茶碗

¥90,000(税込)

江戸時代初期に焼かれた薩摩焼の茶碗。熊川形のふくよかな躯体に重厚な黒釉が掛かり、露胎から滋味豊かな赤土が覗く。高台は竹節を成し、立派な渦巻兜巾を残す。朝鮮陶技を活かした上質な作行きから、竪野系初期の作と考える。

内外に生じる斑紋は胎土から染み出した鉄分によるもので、銘「若草」として伝世する竪野系の茶碗にも同様の現象が認められる。苔生した日陰の古岩を思わせる、湿り気ある風情を醸す。

口縁に一箇所変色が見られるが、窯変によるもの。窯傷以外に目立った瑕疵は無く、状態は極めて良好。「黒薩摩茶盌」と書かれ、写真が貼付された古箱に収まる。

W11.5cm×H8.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment