Loading...

蛇韻律

薩摩焼 宋胡録写火入

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた薩摩焼の火入。腰に窪みを設けた独特な器形を成し、花角紋と檜垣紋を上下で描き分ける。タイ中部のシーサッチャナーライなどで焼かれた陶器、通称 “宋胡録” を翻案したこの種の作品は、18世紀初頭の竪野系を皮切りに薩摩諸窯で焼かれていた。これらは献上品であったことから、南海との交易の成果を幕府にアピールする目的もあったと思われる。

縦に区画分けし、その中を埋めていく文様構成が多い中、本作はぐるりと一周する反復文様が瀟洒な印象。枇杷色掛かった白地と、そこに滲む鉄絵が味わい深い。

胴部に一箇所小さなひっつき痕がある。高台にホツが数点見られる以外に目立った瑕疵はない。

W15cm×H9cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment